スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

千葉・八街の強盗殺人で男を起訴 15歳娘は家裁送致(産経新聞)

 千葉県八街(やちまた)市の農業、中村行夫さん(76)が刺殺され、自宅が放火された事件で、千葉地検は13日、強盗殺人と現住建造物等放火の罪で、同市の土木作業員、平野重治容疑者(47)を起訴した。

 起訴状などによると、平野被告は5月11日午後0時半ごろ、同市小谷流の中村さん方に侵入。中村さんを鉄棒で殴り、刃物で刺して殺害したうえ、現金約20万円を奪い自宅を放火したとされている。

 また、千葉地検は同日、平野被告とともに強盗殺人と現住建造物等放火の容疑で逮捕されていた無職の娘(15)を強盗致死罪で千葉家裁に送致した。「殺人と放火の共謀までは認められない」としている。

【関連記事】
15歳の娘が供述「私も金を使った」 千葉・八街の殺人放火事件で父娘を送検
ストーカー男と娘を逮捕 金銭目的で犯行か 千葉
強盗殺人未遂罪で19歳起訴 裁判員裁判の対象に 宇都宮地検
デリヘル女性殺害 元少年の懲役16年確定へ
職質の警察官に車ぶつけ重傷、高1少女らも逮捕 強殺未遂容疑

直接支払制度の見直しを―出産育児一時金でフォーラム(医療介護CBニュース)
振興銀事件 偽装取引を承認 取締役会、SFCGに持ち掛け(産経新聞)
米軍ゴルフボール飛び出し、防衛相に対策要請(読売新聞)
<無賃乗車>JR東海の関与社員は85人 解雇含む処分実施(毎日新聞)
参院選 一転「公示後に応援決める」橋下知事の動向に熱視線(産経新聞)
スポンサーサイト

「被告ではありません」 裁判員裁判の初公判で一転、否認(産経新聞)

 東京都内のホームセンターで昨年5月、女性を包丁で刺してけがを負わせたとして、殺人未遂罪に問われた無職、金子正幸被告(40)に対する裁判員裁判の初公判が31日、東京地裁(若園敦雄裁判長)で開かれた。金子被告は、自分は被告ではないという趣旨の発言をしたり、起訴状と異なる生年月日を口にしたりして、無罪を主張。弁護側は「心神喪失」として、公判停止を求めた。

 初公判前に争点や証拠を絞る「公判前整理手続き」の段階では、殺人未遂事件を犯したという事実関係や、事件当時の責任能力について争いはなかった。この手続きで決まった争点は「やむを得ない事由」がない限り、原則として変更は認められず、関係者によると、初公判での突然の無罪主張は異例という。

 検察側は冒頭陳述で、「公判前の精神鑑定では『責任能力に問題はない』という結果が出ている」と指摘した。

 ただ、弁護側は公判の後、「事情が変われば仕方がない」などとして、今後、責任能力について争う可能性にも含みを残した。こうした事態に、「突然ちゃぶ台をひっくり返したような状況」と話す関係者もおり、裁判員も難しい判断を迫られそうだ。

 起訴状によると、金子被告は平成21年5月28日、東京都葛飾区のホームセンター内で、女性=当時(53)=を背後から包丁で刺し、全治約1週間のけがを負わせたとされる。

【関連記事】
覚醒剤密輸で無罪主張の被告に有罪 大阪の裁判員裁判
被告は殺意否定 坂東の殺人事件初公判
裁判員裁判で初の1審破棄 判決後、被害者の一部と示談
裁判員制後、保釈率が急伸16.9% 捜査当局は懸念
裁判員施行1年 定着へ長期化など是正を

<運輸安全委>船舶に居眠り防止装置を 500トン未満対象(毎日新聞)
<鳩山首相辞任>昨晩、辞任意向…首相側近明かす(毎日新聞)
議長不信任決議案、上程せず…衆議運委(読売新聞)
悪質業者取り締まり徹底を=児童ポルノ対策で全国会議―警察庁(時事通信)
原発をめぐる主な裁判(時事通信)

<安土城跡>観光客の憩いの場に ガイダンス施設完成(毎日新聞)

 滋賀県近江八幡市安土町にある国の特別史跡安土城跡の入り口に20日、観光客らがくつろぎ、安土城跡や関連施設を紹介するガイダンス施設が完成し、記念式典が行われた。

 冨士谷英正市長らがテープカット。オルガン奏者の城奈緒美さんとソプラノの山本哲子さんがポルタティーフオルガンでいにしえの西洋音楽を響かせ、多くの利用を呼び掛けた。

 施設は鉄骨モルタル造りの平屋で広さ127平方メートル。総工費5430万円。20年にわたる安土城跡の発掘調査の様子や信長の館、セミナリヨ跡など安土城関連施設が簡単に分かるビデオセットやパネルを展示。椅子やテーブル、多目的トイレも設置した。午前8時半~午後5時15分まで利用できる。【斎藤和夫】

元船長、傷害罪を否認=シーシェパード捕鯨妨害初公判―東京地裁(時事通信)
野良猫餌やり訴訟、加藤九段が控訴断念の意向(読売新聞)
江戸川区の祭りが一堂に(産経新聞)
自治労、普天間の日米共同声明の撤回要求(産経新聞)
普天間「日米共同声明」28日に、移設先明記へ(読売新聞)

小沢ガールズ名誉の負傷? 三宅議員が車いすで国会に(産経新聞)

 民主党の新人議員・三宅雪子衆院議員が13日、国会に車いす姿で現れた。三宅氏は12日の衆院内閣委員会の採決時の混乱で転倒し、右ひざなどを強打。病院で打撲と診断された。

[フォト]採決時に混乱 “小沢ガールズ”三宅氏が転倒

 13日午後の党代議士会では、山岡賢次国対委員長が「かわいい美人の三宅さんを突き飛ばした。明らかな暴力行為だ」と自民党閣僚経験者を名指しして批判。三宅氏は「昨日はたいしたことないと思っていたが、内出血してきた…」と痛みを訴えた。

 民主党は三宅氏を転倒させたとされる自民党議員をテレビ映像などで特定、懲罰動議の提出を検討する。

【関連記事】
批判再燃…“沈黙”守る元秘書、小沢ガールズ 小沢氏「起訴相当」
三原じゅん子、参院選出馬!政界殴りこみ
民主・小沢幹事長「国務大臣は国務に専念を」
女性国会議員の割合、日本98位 中韓に及ばず
元参院議員平野貞夫氏、小沢ガールズに苦言「しっかりせい!」
少子化を止めろ!

橋下知事「移設先が京都や兵庫でも住民にすいませんという」(産経新聞)
<普天間移設>米との交渉優先を 亀井担当相(毎日新聞)
借金…夫婦、3歳長女の首絞めるも「かわいそうになり救急車」(産経新聞)
履歴書で捜索願?養女なのに1枚もなかった顔写真…大阪・ポリ袋死体遺棄事件(スポーツ報知)
小沢氏更迭に期待=民主・渡部氏(時事通信)

<もんじゅ>再開に期待と懸念(毎日新聞)

 ナトリウム漏れ事故で運転をストップしていた高速増殖炉「もんじゅ」(福井県敦賀市)が6日午前、運転を再開した。日本原子力研究開発機構(原子力機構)にとっては、二度と失敗が許されない国家プロジェクト。関係者は原子炉が起動する様子をかたずをのんで見守り、再開の合図とともに拍手がわき起こった。再稼働による地域振興に地元住民は期待を寄せる一方、世界各国で中止や撤退に追い込まれた高速増殖炉の運転に、反対派の人たちからは改めて懸念する声が上がった。【酒造唯、高橋隆輔、橘建吾】

 もんじゅ建設が決まった1970年当時、地元・敦賀市白木地区の区長だった橋本昭三さん(81)はこの日、自宅で感慨を持って見守った。

 橋本さんは20歳の時から、地元の出来事を記録している。建設受け入れにより、行き交うのがやっとの道路はもんじゅの建設工事とともに拡張され、暮らしはみるみる便利になった。もんじゅ関連の企業には、住民約80人のうち十数人が一貫して雇用されてきた。安定した収入先ができ、橋本さんは「若い人が農業や漁業を継がなくても不安がない」と率直に思うという。「安全を確保し、気を緩めずにしっかり運転してほしい」。橋本さんはそう願っている。

 一方、地元では、もんじゅ再開に反対する人らがゲート前に集まって抗議集会をするなどの動きがあった。午後にはもんじゅ廃炉を訴える全国集会を毎年開いている「原子力発電に反対する福井県民会議」(事務局・福井市)が、もんじゅの見える敦賀市白木の海岸で抗議集会を開き、抗議声明を原子力機構側に手渡す予定だ。

 同会議の代表委員でもんじゅの設置許可無効を求めた訴訟の原告団にも参加した吉村清さん(84)は「高速増殖炉は、実現が難しいから14年以上止まっていた。まともに動くとは思えない」と批判した。

【関連ニュース】
もんじゅ:運転再開 火災から14年ぶり
もんじゅ:地元の要望、国が受け入れることで合意 再開へ
もんじゅ:5月6日運転再開を発表
もんじゅ:運転再開 福井県知事が正式に同意
もんじゅ:“関門”を乗り越えて安堵 地域振興策合意

農水OBが3法人理事兼務、事務所は同じ報酬は別(読売新聞)
鳩山首相祖父の墓に黄色いペンキ(スポーツ報知)
<布川事件>ワイシャツとタオルのDNA鑑定要求へ…検察(毎日新聞)
支持率低下「普天間も要因」=鳩山首相(時事通信)
<普天間>社民党に「月内決着」先送り論 民主との関係模索(毎日新聞)
プロフィール

ミスターこうたろうとよだ

Author:ミスターこうたろうとよだ
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。